適切な休職活動とは。

休職中、どう過ごすべきか・・・?

 

これは、仕事以上に難しい場合がありますよw

 

なぜなら、会社の利益に繋がる・繋がらないに関係なく、仕事は増やそうと思えばいくらでも増やせますから、暇なんてありません(実際は、それをするのが上司の仕事だったりしますよね・・・)。

 

しかし、休職中の過ごし方は自分次第です。仕事から解放され自由になり、自分で考え自分で行動しなければなりません。何をすればいいのか、分からない!悩んでしまう!なんてことも・・・。

 

もちろん、場合によっては病気や怪我の程度によっては病院のベッドで絶対安静だろうし、最初から、あるいは、退院して自宅でのんびり療養中という方もいらっしゃると思います。主治医の指示で生活指導を細かく受けている人もいると思います。

 

まあ、人によっては「仮病」を使って会社を休職し、アクティブに長期間海外旅行を楽しむなんて方もいるのではないでしょうか??更に、傷病手当金をガッツリ貰って云々~(いや、あってはならないけど・・・)

 

とにかく、休職中の身と言っても一括りに出来ず、千差万別。良いか悪いかは別として、日々の過ごし方も人それぞれでしょうねー。

 

仕事の影響・職場の人間関係で精神状態が悪化してしまった、お酒が大好きな私の場合はどうでしょうか?

 

「ヤタ───ヽ(・∀・)ノ───!!休~職~だ!!仕事しないぞ~!!大好きなお酒を朝から晩まで、飲めるぞ!!~」(NEW GAME!の桜ねね感)

 

・・・なんて事には、なっていません。

 

そもそも休職の意義を考えて適切な行動をしないといけません。

 

こういう風に、真面目に考え過ぎるのが良くないと言われますけどね・・・。ただし、今回の休職で主治医からも禁酒を勧められたので、禁酒中です。今日で35日目ですねー。

 

いやー、つい最近の私では考えられないことですよ、この時間帯でお酒に酔って無いのはww

 

あー、でも、アルコール中毒では無いので、禁酒3日目以降は楽でしたねー。(ちなみに、タバコは止めました。禁煙には前回の休職中に成功しています。つまり、今回の休職は2回目なのです・・・。)

 

でも、禁酒してから気付きました。お酒飲まない方が、時間を有意義に使えるなってね。こうして、ブログも出来るし、資格の勉強も出来ます。いざとなればクルマの運転も出来ます。

 

だから、家族や親戚に、何かあっても大丈夫!w(何もありませんように・・・何もありませんように・・・)

 

さて、長期間の休職に一番必要なことは、有意義でお金がかからない過ごし方をする。これに限ります!!

 

まずはじめに、休職を機会にして、自分の生活パターンを改善すると良いと思います。特に、精神状態の悪化で休職した人は、今依存しているモノから自分を解放した方が良いと思います。有意義な休職生活を送るためにも必須だと思います。例えば、日頃から仕事のストレス発散のつもりで、お酒を長時間飲んでいたり、PC・テレビゲームやスマートフォンの課金ゲームを長時間遊んだり、パチンコなどのギャンブルや風俗に夢中になっていたり、何かしら趣味の感覚でお金をかけて、その時間に費やしていた人も多いのではないでしょうか。なかには、それらに夢中・熱中し過ぎて、寝不足続きや仕事に集中できないでいた・・・なんて言う人もいるのではないでしょうか・・・。仕事の後のお酒や仕事の合間のゲームで自由に過ごしていたつもりが、実は、それらに縛られた生活になっていた、なんてことも考えられます。

 

極端な結論から言うと、休職中は、自宅の自室で篭って、何もせずにテレビを観て過ごすのが、一番お金がかかりません・・・。が、あまりにも時間がもったいないですし、不健康過ぎる・・・。

 

太陽が上っている間は、外出できるようなら外出した方が良いですよね。しかし、問題は外出先です。長時間歩きっぱなし・クルマの運転しっぱなしと言うわけにもいかない。ファミレスやカフェで長時間過ごすのはちょっとお店側にも他のお客さんに迷惑かかります。では、ネットカフェは、どうか?長時間過ごせるし、ジュース飲み放題で朝から晩まで過ごせますが、利用料金はかかる。毎日利用は無理ですね。それなら、駅の待合室・病院・ショッピングモール内にある椅子やソファーに座って過ごす。うん。これならお金がかからない・・・が、有意義な休職生活になるのか疑問です。だったら、公園のベンチ!うん!いいね!!自然に囲まれて・・・しかし、天候が・・・。しかも今の時期は寒い・・・。う~ん。

 

あーだ、こーだ考えると・・・やはり、あそこになります。

 

屋内の公共の場で、有意義に過ごせるお金がかからない場所・・・それは、図書館です。(出来れば、そこまでは、クルマではなく徒歩・自転車や公共交通機関を利用しましょう。自然と運動したことになります。)

 

この機会に読書を趣味にするのも良いかと思います。いきなり難しい本を読まず、すぐに読み終わるライトノベルや日頃読まない雑誌を読むのも良いかと。自分で持ち込んだ本を読むのもありですね。机が使えるようなら、そこで資格の勉強をして転職に備える!なんて過ごし方も悪くありません。飲み物や昼食も、自分でお弁当や水筒を用意すればお金はかかりません。とにかく、外出して!お金のかからない図書館でじっくり有意義に過ごす!これが一番良いと個人的に思います。

 

なぜ、ここまで私はそこに拘るのか?


実は、前回の休職中で、悲惨な休職生活を送ったからです・・・。


抗うつ剤の影響で太りやすい体質になっているのも関わらず、ほとんど外出せず自室に篭ってパソコンの動画やテレビでアニメを観ながらぼーっと過ごしていました・・・。活動量は減っていのに、食べる量を変えず、自宅にあるものをあるだけモリモリ食べてしまいました。そして、ブクブク太る。また、夜になれば、自由にお酒を嗜む・・・。こうして、96.9kgになったのでした・・・(今は、63kgですが・・・)。

 

「休職を経て、ようやく仕事に復帰した・・・。だけど、体力がないうえ、太ってしまった。しかもその影響でオッサンぽくなり、見た目が悪化してしまった。若い頃の自分は何処に!!あー、悲惨だ・・・。トホホ。」

 

なんてことに、再びなりたくありません・・・。確かに、ダイエットして体重は減りましたが、その手間暇を考えると「また太ったら、体重を減らせばいいや」とはなりません。体重を減らすダイエットは、今の体重を維持するダイエット以上に慎重で根気が必要な場合があります。

 

いやー、ここまで語っといてアレですが、私は休職のプロではありませんww(・・・たぶん)。これからも、創意工夫して、次に繋がる休職生活を送り続けたいです(いや、さっさと仕事に復帰しろよ・・・ってなりますが・・・)。