「古いモノ」も「新しいモノ」も楽しめる人間になりたい。

 

どうも。

 

さっそくですが、休職生活をしていると、どうしても部屋の掃除に凝りますw

 

買ったけど読まなかった本を思い切って捨てたり、ヨレヨレになったインナーや衣類を大量に処分したり。普段やりたいと思っていたことが、ようやく出来るんですよね、思い切って仕事を休むと・・・w

 

さて、こうして部屋の整理整頓をしていると、昔よく聞いていた音楽CDが何枚か出てきました。これは、昔、レンタルショップで借りてパソコンで取り込み、自作の音楽リストを作り、空のCDに焼いたモノです。

 

ふむ。

 

CDのレーベルにはタイトルが記入されていますが・・・「2011年6月」とか「ごちゃごちゃ」とか「みなみけ苺ましまろ涼宮ハルヒ(たぶん、アニソン系の詰め合わせ)」とか・・・。

聞いてみたいと分からないモノだらけ・・・。今日は、クルマ移動する予定だったので、さっそく、その時にカーステレオで聞いてみました。

 

おー、懐かしい。

 

学生時代よく聞いた、倉木麻衣さんや宇多田ヒカルさんの歌がありました。いいですなー。一人暮らしをして、石川県内の大学に通っていた頃を思い出します。

 

大学の夏休みや冬休みを利用して群馬の実家に帰る時、長時間お世話になった歌ばかりでした。今はなき、金沢始発越後湯沢行きの特急はくたか号に乗りながら聞いたあの曲。北陸自動車道をクルマで走りながら聞いたあの曲。

 

でも、今聞いてもまったく問題ないですね。なんか、昔の歌って、当時を思い出して恥ずかしい思いと「今ではあり得ないでしょww」と笑ってしまうのかな、と思っていました。しかし、実際聞いてみた感想としては、「あー、逆に新しいな」というのが正直なところです。

 

古いモノ=悪い、新しいモノ=良い。という考えにならなくなった私は、成長した証なのでしょうか?w