【祝】禁酒40日目。

こんばんは。

 

早いもので禁酒を始めて40日目になりました。

 

お酒好きの私には、大変苦行ではないかと思っていましたが、何かのキッカケさえあればすんなり成功するものですね。

 

まあ、そのキッカケが2回目の休職だったんですけどねw

 

前回の休職中は、禁煙成功。今回の休職中は、禁酒成功。私の場合、休職を重ねると何かしら、依存性のあるモノから開放されるようですw

 

酒・たばこを止められた大きな理由は何か?たぶん、しっかり成人してから嗜んだため、依存性がそれ程高くなかったかもしれません。もし、これが、未成年から影に隠れて嗜んでいたら、大変だったかもしれませんね。

 

さて、こうなると、精神的なダメージによる休職を除けば、身体的にはかなり健康的になりました。それどころか、私はパチンコ・ギャンブルも風俗もやりません。昔は、パソコンゲームやテレビゲームで遊んでいましたが、かなり前に止めました。携帯型ゲーム機も持っていません。スマートフォンでもゲームもしていません。強いて言うなら、深夜に放送した日常系アニメを録画して観るのとツイッターで投稿ぐらいですかね。

 

ある意味、休職中ではありますが、会社内では超健康的で超健全過ぎる社員ではないでしょうか?w


さて、こうして禁酒をしていると、いくつか気付いたことがあります。

 

・お酒に酔ってよい気分になりたい訳ではなく、口元が寂しいから、何かしらコップ等を口元に付けたいだけだった。
・お酒は仕事のストレス発散になっていなかった。
・お酒を止めても他の作業をすれば良い。
・お酒を止めたので、気分の高揚感は味わえなくなったが、罪悪感もないので、毎日が安定している。
・お酒での出費が減った。

 

物事が良い方向に進んでいるようです(*ノω・*)テヘ

 

いや、だからと言って、「私が禁酒してこれだけ良くなったから、みんなも禁酒すべきだ!」などと禁酒を強引に勧めているのではありません。別に、お酒が悪いわけでも、お酒を飲んでいる人が悪いわけでもありません。私自身の問題ですのでw

 

禁酒を始めた頃です。お酒を止めて、気分がイライラするのではないのか、と言う不安がありました。しかし、お酒の代わりにお茶やコーヒーで過ごしてみると、特に問題がありませんでした。「何か口元にあれば良い」ので、お酒の入ったコップでなくても良かったのです(禁煙と似ていますね。禁煙の場合は、たばこではなくアメやガムを代用しますよね。それと同じです)。

 

自分の人生を考察してみると理解できます。高校時代や大学時代を振り返ると、お酒を飲まなくても夜は普通に過ごせたのだから、今になってそれが出来ないのはおかしい話ですよね(もし、出来ないのではあれば、アルコール依存症かもしれません)。

 

これは、考え方で人にもよると思いますが、はっきり言って、お酒はお酒で、仕事は仕事ですよね。お酒の力で一時的な逃避はできます。しかし、お酒を飲んでも仕事の根本的な問題は解決できません。もちろん、人間関係もそうですよ。

 

お酒を止めると、今まで出来なかったことが出来るようになります。正常な判断が出来るため、将来について考える・将来のためにいろいろ備える・小説や絵などの創作活動・長時間の読書・転職に備えるため資格に関する勉強をする・夜のドライブが可能なためクルマの運転などなど。良いことの方が多いですね。

 

お酒を飲むと、気分が高揚します。しかし、高揚した分、場合や場面によっては落ち込みも激しいのは確かです。特に、私のような精神的に不安定な人間は要注意が必要ですね。産業医も主治医も口を揃えて、その点を気にしていました。

 

休職前の私は、外食でお酒を飲むという行為を休日を中心に行っていました。更に、週末になると、度々職場の駐車場に自分のクルマを残して、駅近くの居酒屋で一杯やって電車で帰宅する・・・。なんてこともありました。居酒屋では一回あたり約3000~5000円の出費・・・なかなか大きいです。下手すると終電を逃すのを見越して、ビジネスホテルに泊まることもありました。それをしなくなった分、本や東京下町などの周辺散策に使えています。

 

そうそう。こうして、ブログが続けられるのも禁酒のおかげかもしれませんね(*^ω^*)ニコッ