読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は、月曜日!気持ちを切り替えて・・・と、思ったら。

今日は、日曜日。

 

「ゆっくり休んで、月曜日を迎えましょう♪」


月曜日は、スポーツジムの日!筋トレですよ。しかし、天気予報を見ると、北関東は雪の予報なんですよね・・・。公共交通機関に乱れが無ければ良いのですが。そして、筋肉痛がまだ続いています。ただ、無茶をしなければ筋トレがまったく出来ないわけではありません。先週は、のんびりし過ぎてあまり勉強は進みませんでした。今週は、確実に勉強を実行しないとです。(途中で、イライラやもやもやが発生しなければいいのですが・・・。)

 

なんだ、この優等生的な内容はw


などと、自分の書いた文章にツッコミを入れて冷静に考えてみる。すると、どうだろうか。あまり自分を計画や予定でしばりつける必要もないのかなと、思ってくる。勉強も筋トレも計画通り全てと言わず、少しずつでもいいから、疲れない程度に実行するぐらいな気持ちが良いのかな、と。


そう、計画通りに全て出来た=◯、計画通りにあまり出来なかった=×という考えが良くない。このように、オール・オア・ナッシングだから精神的に無理が働くんですよね。今までの自分がそういう考えでした。なかなかこの性格が治せないので困ってますw


いや、これは、会社に就職して以来、上司から常に完璧を求められる部下側として、すっかり毒されてしまったのが原因だ・・・と、会社や他人のせいにしてはいけませんよねw


「今日一日は、これが出来たけど、他が駄目だった。だから、意味のない一日だった・・・。」


これでは、毎日が台無しですよねw
下手すると、突然自暴自棄になりやすい。小さい失敗で全てが台無しのように考える必要はまったくないのですが・・・。プライベートまで今までの仕事のように振る舞う必要も無いわけでして。もう少し、「ゆっくり過ごす努力」も必要かもしれません。ただ、そのバランスがどこまでなのか、「ゆっくり」と「怠け」の線引が難しいですけどね。こう考えればいいのかな。


計画通りまあまあ出来た。とりあえず実行してみた。=△。


鎌田實さんの「○に近い△を生きる(ポプラ新書)」を思い出します。


私は、完璧超人など会ったことがありません。あるとしたら、アニメに出てくる2次元キャラクターぐらいですかね。もちろん、「自称」の完璧超人ならいます。ただし、その人たちは思い込みであって、周囲からは影で否定されています。
そして、完璧超人を目指す必要もありません。なぜなら、その基準は人によってバラバラだからです。仮にですよ、自分で考えた理想の完璧超人を御自身が自己責任で追い求めるならよいかもしれません。しかし、他人の考えた基準を目指して頑張る必要などないと思います。


なぜかって?


自分の人生は、自分のモノだからね。


おっと、今度は、北川恵海さんの「ちょっと今から仕事やめてくる(メディアワークス文庫)」に毒されたのかな?w

 

映画が楽しみですね♪♪