たまには、何もしない1日も良いものだ。

◯本日(3/31)の休職活動

 

アウトプット学習

・英単語学習、40分


インプット学習
・気象学専門知識、60分


その他
クルマで外出し、イオンモール高崎のフードコートで昼食(引きこもり対策)。午後は、自宅にて長時間昼寝。


今日は、一昨日・昨日の疲れを癒やすため、外食以外は自宅でゆっくり過ごしました。天気もイマイチでしたしね。いやー、東京方面にお出かけは、別に特別なことではないのですが、行った時間帯が時間帯なだけに疲れましたねw


久しぶりに、10・20代の時のノリでお出かけしたので、その罰が当たりました。若い頃に比べると、体力が落ちたというより、深夜に出かけるという普段慣れていないことをしたので、疲れが出たという感じです。何処か散策するにしても、何か趣味をやるにしても、ストレス発散にならないのが私でして・・・。いや、趣味や旅などを否定しているわけではありません。それらは、「楽しみ」ですからね。ただし、「ストレス発散」にならないと言うだけです。


そうなんですよ。楽しみ=ストレス発散ではないんですよね。禁酒を続ければ続けるほど、それに気付かされる・・・。禁酒前は、「お酒を飲んでストレス発散だ!」、「お酒を飲んで英気を養う!」と何かと理由をつけて楽しんでいましたが、それが逆にストレス発散になっていませんでした。


飲酒に限らず、本を読むにしても、アニメを楽しむにしても、やればやるほど仕事とは別に「楽しみのストレス」が蓄積されていたようです。結局、「仕事のストレス」と「楽しみのストレス」のWパンチで気力も体力も低下してしまう。全体的な能力の低下に繋がっていましたね。この様な悪循環から抜け出すには、パソコンやテレビの画面、スマートフォンの画面や書籍などから目を離し、お布団に身体を横たわらせて目を閉じてゆっくり身体を休ませる。これに限りますよね。


こういうのって、私だけなのかな??


社会人になってから、散々先輩や上司からアドバイスを頂きました。


「お酒の飲んで嫌なことを忘れよう。」、「運動した方がいいよ。」、「何か新しい趣味を持つと良いよ。」


お酒はともかく、運動や趣味は、最初だけ新鮮味があって良いのですが、長期的に考えると結局ストレス発散にはならない。それと、友人と会って話すのもストレス発散にはなりませんね。もちろん、友人と会うこと自体は「楽しみ」ですよ。


仕事は多岐にわたる。趣味も多岐にわたる。そうすると、ストレスが多岐にわたる。

 

そう考えてしまう自分がいます。