読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今だから言える、私の「あー、入る会社を間違えた」と思ってしまった瞬間。

◯4/10の休職活動


アウトプット学習
英単語学習、20分


インプット学習
なし


スポーツジム
ストレッチ・筋トレ、30分
有酸素運動、20分


その他
電車でお出かけ(~前橋:スポーツジム・けやきウォーク前橋など)。昼寝。車でお出かけ(イオンタウン上里、イオンモール高崎など)。

 

最近、駅のプラットホームで、まだ着慣れていないスーツを着た若者をよく見かける。新入社員だろうか、相当疲れているようでぐったりしている。なかには、思い詰めている人もちらほら。思い出すなあー。私も昔は疲れてばかりの新入社員だった、と。


「そう言えば、今の会社に入って間違いだったと初めて気付いたのっていつだっけ?」


ふと、そう頭の中で思い付く。1回目の長期休職の時だったかな?精神科で病気と診断された時??今の職場に配属した時???いいや、もっと前でした。そう、入社して間もない新入社員研修の時。時期はゴールデン・ウィーク前だったかな。プチ好景気中で、しかもリーマンショック前。確か2008年でしたねー。とある家電量販店の新築工事現場で研修中の出来事でしたね。


「福島君。早く結婚した方がいいよ!」


夕方、事務所で雑務をしている最中、突然話しかけてくる先輩女子。なんだこれは、何かのフラグか?いやいやラノベの読み過ぎか。


「え・・・なぜです?」


今も昔も恋愛や結婚というモノに疎い私は困惑。なぜいきなり結婚をオススメしてくるのか分からず質問してしまった。すると、先輩女子は、得意げに答えた。


「だって、今のうちに結婚しないと、これから異性と出会う機会なんて少なくなるよ。工事現場が県内とは限らず、軽井沢とか、埼玉になるし。」


ま、事実であろう。うちの会社で職場が県内とか恵まれているだろうし、他の先輩から聞いてた話を思い出しても基本は県外であろう。しかし、問題はそこではなかった。
次の言葉を聞いた時、私は眉をひそめた。


「仕事が夜遅くなって、帰るのが深夜になるし。軽井沢の工事現場から自宅まで1時間以上かけて帰る人もいるんだよ。夜中の2時や3時に帰るんだよ。絶対今のうちに結婚すべきだよ。」


そう笑顔で明るく答えた先輩女子。私はその姿を見て、「これは異常だな・会社に毒されているな」と思ってしまった。仕事が深夜まで続くという事に抵抗がまったくないどころか、肯定的に捉えてるところ。それどころか、この会社の男子なら深夜遅くまで仕事して当たり前みたいなところ。
私は素直に「あー、入る会社を間違えた」と正直思ってしまったなー。人によっては、え?こんな事で?と思う方もいらっしゃると思う。しかし、仕事が深夜になるから、早めに結婚するという助言は、正しいのか未だに疑問である。それ以降、その業界内の当たり前(他から見ると異様なこと)が横行していて、自分が染まりすぎていないかいつも気になってしまう日々。染まりきった先輩みたいになりたくない、でも、どうすればいいんだろう。悩みに悩む毎日。


んで、今はこうして2回目の休職中な訳でして。自分で言うのもおかしな話だが、これでも、これでも・・・会社に慣れようと努力した方なんですけどね。甘いけど・・・。
ただ、努力すればするほど、個人的に脱力感と心の中で乖離が始まるという悪循環もある訳でして。ウジウジせず、さっさと今の会社を辞めればいい話ですが、そうは問屋が卸さない。私自身は、2回目の休職だから人事部から『もうお前の居場所なんてないし、用意もしない。だから、お前はクビだ!』と言われるのを覚悟していました。その方がスッキリできますし。ところが、実際は逆方向に向いているんですよ。クビにならないどころか、給料面でも立場面でもしっかり保障されています。

 

なぜ?

ようわからん。


去年の12月19日、出向先の上司からは「お前は別にここに居なくてもいい。ここから出て、好きなところに行け!」と一方的に暴言を吐かれたので、直ちに人事部に報告と相談(←これが効果的だったかもしれません)。翌日からこうして休職となりました。冷静に考えると、私を簡単にクビに出来る理由がなく、確実に人事部も出向先も困り果ててしまうのかなと思います。私は、別に出向先のその上司に日頃から反抗的な態度をしていませんでしたし、当日やるべき仕事を問題なく取り組んでいました。ただ、追加で、通常業務に直接関係のない上司の頭の中で考えた机上の空論的な内容の仕事を押し付けられ、それを取り組んでいなかっただけでした。はっきり言って、これと言った落ち度が私には無く、むしろ、業務に関係のない仕事を押し付けたうえ、暴言を吐いた出向先の上司の方が大問題なのかもしれません。これは、本屋さんで売っている労働に関する法律書を読んでも、残念な事に(?)私に落ち度がどこにも見当たらないんですよね・・・。


「おい。ふざけるなよ。仕事復帰して1年未満とかじゃなく、5年以上も経っていて、重要な資格保持者がこの時点で辞められた困る・・・。」


人事部はそう思っているのでしょうか??これは、私の憶測なので分かりませんけど。あるいは、私から辞表を提出してくれるのを首を長くして待っているのかもしれません。


人事部が私の内定を出してしまったことも、私がこの会社に入社してしまったことも、上司が暴言を吐いてしまったことも、いずれも、後悔先に立たず。


そして、明日は明日の風が吹く

 

明日は、どんな風が吹くのかな?w