自分を攻略する毎日。

◯4/11の休職活動

アウトプット学習
・なし
インプット学習
・気象学の基礎知識学習、20分
その他
・天候が悪いため、車で外出。


◯4/12の休職活動
アウトプット学習
・なし
インプット学習
気象予報士試験対策、30分
・英文法学習、30分
その他
・電車で外出。読書も実施。


◯4/13の休職活動
アウトプット学習
・なし
インプット学習
・英文法学習、40分
気象予報士試験対策、40分
その他
・予定であったスポーツジムでの筋トレを行わず。部屋の掃除実施。車で外出。読書も実施。

 

3月上旬に、こういう方針で勉強などの休職活動(休職活動改正)を進めようと決めましたが、問題点が多く、結局うまくいきませんでした。


ここはどう考えるべきか・・・。


「やっぱり、私はダメ人間だ・・・。仕事だけでなく、自分でやることすらうまく出来なかった。何をやっても無意味だ。」


とネガティブな心の迷宮に迷い込むのか。あるいは、トーマス・エジソンを思い出し、僅かな希望に光を当てるべきか。


「うん。今回は、失敗という事実が分かっただけでも収穫である。」


どう考えても後者が良い結果に結びつくに決っている。ここで全てが終わりと決まった訳ではないので、新しく考え直せばいいのである。さて、3月上旬からここまで振り返ると、ちょっと思い込みが激しく、ルールを締め付け過ぎたかな?という印象があります。例えば、ブログにしても、勉強にしても、無意味に締め付け過ぎてストレスを溜めるだけだったなー。


・ブログの更新は1日1回しなければならない。
・読書は、勉強が終わってからする。


ブログに関して言えば、別に厳しいルールを設ける必要はなく、暇な時に2~3日に1回、考えや出来事をまとめて報告すれば良いかもしれないです。勉強と読書を完全分離して実行した所、私の性格に合わず、どちらもうまくいかなかった。勉強しながら読書も合間にする。神仏習合のように、勉強読書の習合が理にかなっているようです。それと、勉強する場所が問題であった。ワガママと言うか、言い訳かもしれないが、勉強をする場所をあまりにも拘りすぎて、ストレスを溜めるだけだったようだ。それを示すかのように、3月上旬を境に、一気に勉強する機会が減ってしまった。


・机に向かって勉強しなければならない。


これは、明文化していたわけではないが、自分の中で勝手に決め込んでいたことである。机に向かえば、集中力が向上するという思い込みもあった。自宅で言えば、自室の机。外出先で言えば、図書館等の学習室の机。いかにも自分は勉強していますよ的な雰囲気は出せたと思う。しかし、数日も経たないうちに、うまくいかなかった。


「もっと、こう、集中力高めることばかり考えるのではなく、リラックス出来る場所はないのか?」


ヒントは既にあった。電車の中である。私の好きな場所、電車内だ。休職活動中では、電車移動が楽しみであり、リラックスできる空間のひとつである事を思いした。他に、机・テーブルで固定されている図書館やカフェ以外の場所にもないのか。

車か。いや、車の運転中はハンドルを握っているので、勉強や読書は難しい。

うーむ。そうなると、自分のベッドの上か・・・。ふと、こうしてPCでブログを入力している時やテレビでアニメを観ている時、ベッドで座りながら・横になりながら、リラックスしていることを思い出す。勉強を机でやるのが嫌なら、ベッドで座りながら・横になりながらしても良いのではないだろうか。


ちょっと、考えが飛躍して、勉強するには相応しくないと思われる場所ではある。しかし、固定観念を捨てれば、これ程良い場所はない。実際、なかなか自宅で勉強しないのも、外出先での勉強が続かないのも、固定観念から来るストレスだったかもしれない。
考え方を変えれば、ベッドで20分勉強して、疲れたらそのまま少し休んでも構わない場所である。ところが、これが外出先だったら、机に伏せてみっともない格好を周りに見せることになる。


ルールを締め付けて、駄目なら、少し緩くして休職活動を続ければ良いかもしれない。なぜなら、自分の決めたルールが出来ないと嘆き、絶望して休職活動を全て中止してしまう方が、勿体無いからだ。自分の性格を変えようとすると、無理がある。でも、ルールを少しだけ変えれば、次第に良い方向に少しだけ進むと思う。いや、そう信じたいものだ。