日記を読み返して、気付いたこと。

◯4/15の休職活動
アウトプット学習
・なし
インプット学習
気象予報士試験対策、40分
・英文法学習、20分
その他
・電車・バスでお出かけ(前橋市内)。夜な夜な秋葉原のネットカフェで滞在(高崎~浦和~秋葉原)。読書。

 

◯4/16の休職活動
アウトプット学習
・なし
インプット学習
・なし
その他
秋葉原から帰路につく(秋葉原~大宮~高崎)。昼寝。読書。

 

2月1日から日記を箇条書きのように書いている。継続は力なりとは言うが、読み返すと、なるほど明日へ繋がる・導く活力になる事が多い。その日の気分で書いた日記を別の日に読むと、新しい発見や自分の気持ち・環境の変化などが刻々と理解できるのが楽しい。ブレーン・ストーミングのように、書く内容を選ばず、思いついた事をスラスラと書いていく方法が、一番性に合っているようだ。


「(2月10日)☆☆自宅周辺が雪景色☆☆(大雪はカンベンだが・・・)。」
「(3月11日)3.11から6年か・・・。休職中だったよなー。」
「(3月24日)読まない本(約40冊)を売却。」
「(4月8日)☆うまるちゃん2期決定☆」


とにかく幅広事柄が多いが、ひとつひとつ思い出す度に、当時の環境ってこうだったよなとシミジミと思う。特に、2月からだいぶ変わったのは、自分の部屋。本は100冊以上売却し本棚の処分、衣類の大幅処分、入れ物・家具の配置変更、使わない小物類の処分、クレジットカード登録解除などなど。
処分ばかりしているなーと気付く。これが、自分のその時の気持ちと重なる。


「出来れば、今すぐ人間関係の処分、仕事関係の処分がしたい。」


それが簡単に出来たら、一番楽であるが、実際は出来ないわけだ。その代理として、部屋の掃除に捗っているなと考える。今こうして部屋を見渡すと、確かにスッキリしていて、日々変化したことに気付くのだ。相変わらず、変わらないのが行動パターン。時間があると、毎回東京方面に電車で行く。他人から見れば時間や金銭の浪費だが、実施する度に有意義な気持ちでいる。変わった部分と変わらない部分のコラボレーション。それが数年後良い結果に成ればいいなー。