読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようやく過去に買った「あの本」が活用できるw

◯4/24の休職活動
アウトプット学習
・英検過去問取組、100分
インプット学習
気象予報士に関する学習、20分
その他
・スポーツジムにて活動(筋トレ30分+有酸素運動50分)。


◯4/25の休職活動
アウトプット学習
・英検過去問取組、100分
気象予報士練習問題、20分
インプット学習
・なし
その他
・車でお出かけ(家族と買い物、昼食)。読書。


◯4/26の休職活動
アウトプット学習
・英検過去問取組、220分
インプット学習
・なし
その他
・車でお出かけ(昼食など)。読書。


◯4/27の休職活動
アウトプット学習
・英検過去問取組、110分
・英単語学習、70分
インプット学習
・なし
その他
・スポーツジムにて活動(有酸素運動50分)。読書。

 

本格的に英検2級・準1級の過去問に取組始めました。英検2級過去問集をやり終えて、今度は準1級をやってみる。なるほど。ようやく「英語の活用」らしくなってきたなと感じています。つまり、英語で書かれた市販されている本や雑誌の内容を読んで理解できるレベルかもしれません。

成人になってから英検3級と準2級に挑戦しましたが、今までは「限定的な英語」で、あくまでも英語の教科書等の内容中心で、それを超えると理解が難しく、ごく限られた範囲内のレベルではないでしょうか。


準1級になるとリスニングも難しく感じますね。ただ、過去にTOEICを受けたことがあるので、慌ててしまう・焦ってしまうような驚きはありません。


「逆に言えば、TOEICを受けるのも英検準1級合格レベルでないと意味が無いのでは?」


そう正直に思ってしまいますね。
英語学習の厄介なところは、学習法であれ、試験の種類であれ、数多くの参考書であれ、流行りがあり個人差があること。どれが正しいのかズバリ当てるのが難しい。


「英語学習でオススメの本は何ですか?」


「オススメの英語試験は何ですか?」


漠然と質問された場合、もし、英検2級~準1級レベルの人であれば、「DUO3.0」や「総合英語Forest」などがオススメかもしれません。また、機会があれば、TOEICを受けることをオススメするかもしれません。しかし、英検3~4級程度の人にそれらの本や試験を勧めてしまうと、本の内容や過去問を理解する前に諦めてしまう可能性が高いですよね。そう、私は、過去に英検3~4級程度のレベルだったのに、難しい参考書を買い揃えて失敗した一人ですw
「あー、ようやく過去に買ったあの参考書が役に立つな・・・」
もう古くなったエディションの本があります。新しくなっても大した変更点はありませんけどね。

 

個人的に鬼門に思うのが、英検準2級~2級ですかね。今、そこにいるのが私です。というのも、英語の楽しさがどっち付かずなんですよね。


「わーい、英語の勉強が楽しいな。英語の勉強を始めた自分ってカッコイイな。」みたいな感覚が味わえるのが、英検3~5級。
「ようやく、ここまで来たか。ククク、そろそろ英語の実用的な活用ができるな。増々勉強が捗るぜ。」みたいな感覚が味わえるのが、多分英検準1級~だと思います。


英検2級が余裕で合格できて、準1級に合格できる程度で、やっと『スタートライン』に立てるのかなと信じていますw


(もちろん、英検の級・TOEICの点数なんて関係ないという考えもあるでしょう。多読したいならレベル別の本が充実しています。ただ、やはり自分がどの程度の英語レベルなのか理解が出来る物差しとしては、必要だなと感じています。)